一途なら読め!彼女に花束をプレゼントする男のガイドマニュアル!

 

当サイトは、彼女・奥さん(女性)に花束を贈りたい全ての男性のためのガイドマニュアルサイトです。

 

「予算」

「お花の品質」

「ラッピング梱包の品質」

「ギフトの種類」

「お花の種類」

「色・イメージ」

「花言葉」

「お花の本数」

「配送スピード」

「渡す場所」

 

お花選びって、悩みが尽きずらく、一筋縄にはいきませんよね。

「これまでずーっと逃げてきたけれど、もう限界。これ以上避けてばかりではいられないし、もうそろそろ、一度、お花を贈って、気持ちぶつけてみようかな…?」

そんな風に重い腰をあげ、スマホをぽちぽちしていたらこのサイトを見つけた!という男性が多いのではないでしょうか?

 

当サイトは、「大好きな彼女・奥様に花束・ブーケ(生花)を贈りたい!!」という一途な男性を全力でサポートしております。

「本気で喜ばせたい!」という強い意思をお持ちの男性の役に立てれば嬉しいです。

 

このサイトでわかること
  • 彼女や奥さんには100%絶対に、花束を贈るべき理由を暴露!!
    なぜ数あるフラワーギフトの中で、枯れてしまう生花を贈るべきなのか?
    ドライフラワーよりも強くオススメするのはなんで?
  • 実際に花束を贈った男性・過去に受け取った女性のリアルな声!!
    成功法則ももちろん記事にありますが、男性の失敗・女性の本音から学びを得て、あなたがパートナー様に向き合ってもらえるようなサイトになっております。コツやポイントを絞り丁寧に解説しているので、お花を贈ったことがないという男性でも実践できるはずです。
  • 花束を購入するまでの5ステップを解説!!
  • ネットで注文簡単!女性が喜ぶおすすめのフラワーショップ・花束を紹介!
    「誕生日」「記念日」「サプライズ」「プロポーズ」「ホワイトデー」
    目的に応じて、喜んでもらえる提案をしております。
  • 『女性の喜び』=ギフト × ケア・アフターフォロー × 関係の親密性
    お花に関する情報だけでなく、男性が見落としがちな「ケア・アフターフォロー」
    「関係の親密性」を改善するところまでフォローします。

 

 

Contents
  1. 彼女や奥さんに花束を贈るべき6つの理由とは?
  2. 花束を購入する前に読んでおくべきリスト!
  3. 彼女に花束を贈るまでの5ステップ!
  4. フラワーショップにおける良いお店のポイントとは?
  5. 厳選おすすめのフラワーショップランキングを紹介!
  6. 彼女・奥さんにおすすめしたい花束を紹介!
  7. プレゼントする花束に入れておきたいおすすめのお花ランキング
  8. 女性の喜び=ギフト×アフターケア・フォロー×関係の親密性
  9. 管理人プロフィール

彼女や奥さんに花束を贈るべき6つの理由とは?

 

  • 花束
  • 一輪
  • プリザーブドフラワー
  • ハーバリウム
  • ドライフラワー

なぜ、数あるフラワーギフトの中で、彼女・奥さんの誕生日には100%、生花である花束・ブーケを贈るべきなのか?

シンプルで、理由は6つあります。

 

【彼女に花束を贈るメリット①】日常生活に変化をもたらしてくれるから

 

 

僕が実際に彼女へお花贈ったことにより起きた変化が、以下の2つでした。

 

  1. 関係・環境・生活へのマンネリ対策になった
  2. 普段の自分とは違った「ギャップ」が演出出来た

 

そのお話をしたいと思います。

 

先ずは1つ目。

 

1. 緊張感が生まれ、マンネリ対策になった

 

毎日仕事とお家の往復ばかり。家に帰るとグッタリ。
会話もめっきり減った。休みの日は外に出る訳でもなく、
お家でスマホゲーム。たまにゴルフや趣味。
お互い外には出掛けるが、一緒ではなく、
友達と一緒に遊ぶときだけ。

もしこんな生活をあなたがしているなら、すごく危険です。

 

僕自身ですが、変わっていると言われるのですが、『マンネリ化』そのものを、「悪いもの」だとか「つまらないもの」「いけないもの」だとは思いません。

気付いたら二人の間で出来上がった、「いつものワンパターン」であり、「お気に入り」なんですよね。

マンネリって素敵だと思うし、すごく良いものだと思うんですよね。

 

ダラダラと喋るのはこの辺にして…。

 

 

あなたのパートナーもマンネリに対して「悪いものではない」という風に捉えていて、価値観の共有できているならば全く別ですが、

 

何一つ対策・工夫もせず、ほったらかしにしていくのは、絶対にいけません。

 

少しでも関係や環境にマンネリ化を感じるなら、日常生活に緊張感ギャップが生まれるように工夫しましょう。

 

お花を贈るというと、

  • 格好をつけているみたいで嫌だ
  • 照れ臭い、恥ずかしい

と感じる男性が多いかもしれませんが、高確率で喜んでもらえるんだから、やらなきゃ損ですよ。

 

「どうせ、おれがお花なんて贈ったところで仕方ない…。」

そんなふうに悲観的になっては決していけません。

彼女は友人や、職場の同僚の方からお花を貰うのではなく、唯一無二の存在である”彼氏”、”旦那”のあなたからお花を貰うのです。

立場に関しては、絶対的な自信を持っても良いと思いますよ。

 

2. お花を抱える男性の姿はカッコイイ!

 

 

僕の彼女
僕の彼女
お花を持っている姿がカッコ良い…!!

 

 

このセリフは、僕にとってかなり意外なものでした。

僕が実際に彼女へお花を贈り、彼女から言われたセリフです。

彼女からの見られ方、「かっこいい」を意識してお花を送った訳ではなかったので、純粋に「喜んでもらいたい!」の一心でプレゼントしたので言われた時は、すごくビックリしました。

飛び上がるほどに、嬉しいサプライズでした。

 

意図していた戦略ではなかったですが、花束を贈るあの一瞬の間だけ、普段味わうことのない緊張感が生まれ、結果として、マンネリしていた関係・環境・生活に「新鮮さ」をもたらしてくれました。

 

【彼女に花束を贈るメリット②】お花は人間の五感を刺激できる数少ない貴重な贈り物

 

お花は人間の五感のうちの、視覚嗅覚を刺激することができる数少ない、貴重な贈り物です。

 

かの有名な小説家、川端康成が”掌の小説”という本の中でこんな名言を残しています。

別れる男に花の名を一つ教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。

引用 (川端康成:掌の小説)

ゾッとしますが、「あぁ確かに…。ニオイって、嗅いだだけで当時の記憶が込み上げてくるしなぁ。」と頷けます。

 

【彼女に花束を贈るメリット③】フラワーギフトの中で、生花である花束が、最も風水的に評価が高い!

 

風水とは…??

中国から伝わる環境学のことで、「人の運気は環境で変わる」「環境が運を変える」という考え方に基づいています。

風水は、即効性がある訳ではなく、長い時間をかけて運気を良い方向へ持って行こう、実践していきましょう、というものです。

 

フラワーギフトの中で唯一、生花が風水学の中で評価が高いのです。

生花 『生きたお花』と言われている。 風水
造花
ドライフラワー
プリザーブドフラワー
『死んだ花』だと言われている。 風水×

 

風水とか気にするヤツそんなにいるか?あんまし見たことねーぞ。

って僕も思ってたんですが、実は意外と風水を気にする人って、世の中に多いんです。

 

需要を調べてみたくって試しにAmazonでネットサーフィンしてみました。表紙が少し怪しそうな龍神風水という本をチラッと確認してみたら、バカ売れしていました…。購入者はやはり女性が多いかな?という印象。

 

ランキングが1000位前後でしたので、ザックリですが、Amazonだけで風水に関するこの本だけでも一日に20〜30冊程度も売れている事が分かります。

しかも、カスタマーレビューの評価もすごく高いんですよ。。

 

「風水なんて胡散臭い!」という人も多いでしょう。

ですが、正直に言えば僕はこういう類が気になってしまうタイプの人間であります。

朝のニュース番組の占いで「よっしゃー」「最下位かよ…。」ってなった事ないですか?

 

「胡散臭い!」という人は気にならないので良いかもしれませんが、僕みたいなタイプの人間って、意外と心の片隅で「言われたこと」が引っかかったりするもんなんです。

悪い事が起きると、「占い当たってるじゃん…。」という感じで。

 

相手の事を想うなら、「風水的に良いか?悪いか?」もお花選びにおいて重要なポイントになるのでは?

お花に触れる回数が多く、目が肥えている女性
お花好きの女性生花を好む傾向がかなり高いので要注意。

 

【彼女に花束を贈るメリット④】花束は女性の”感情”を満たしてあげられる

 

お花は女性の、

  1. 「いつまでたっても女性扱いされたい!」
  2. 「愛されている」
  3. 「大切にされている」

これらの感情を満たすことが出来ます。

 

 

僕は『母の日』に母と協力しておばあちゃんへ、ピンクのカーネーションの花束(1万円弱)を用意した事がありますが、すごく喜んで受け取ってくれました。

 

ピンクの花束(カーネーション・かすみ草)

もともとお花が好きということもありますが、「歳を取っても、いつまでたっても”女性扱い”されるその気持ちが嬉しかったんだ!」と僕は感じました。

 

 

 

【彼女に花束を贈るメリット⑤】自分を見直してもらえるチャンスが生まれる!

 

お花って確かに人に感動を与えられますが、お世話(水換え)が面倒臭いという紛れもない事実があります。

実はお花を貰うという行為は、ほぼ全ての女性にとって嬉しいものであるんですが、これが、お花がプレゼントとしての評価をかなり下げてしまうポイントになります。

 

冷静になったときにガッカリしてしまう女性がかなり多いんです。

 

男らしくなくて、かなりズルい発想かもしれませんが、ここに漬け込みましょう。

水換えをあなたがやるんです。同棲をしているならば、チャンスです。

 

お花を送れば

 

 

ハッキリ言いますが、「ラクして喜ばせたい!」「女性=お花好きだから贈っとけば、大丈夫っしょ!」という人にはお花をプレゼントすることをおすすめ出来ません。

しかし、しのぎを削っても「彼女を喜ばせたいんだ!」というしっかりした動機がある男性ならば、生きたお花を贈るべきです。

覚悟がある人にだけ、これまでにプレゼントで感激させたことがないくらい、彼女を喜ばす事ができるはずだと僕は感じます。

 

『お花をあげれば彼女と上手くいく★☆』

そんな訳ないですから。

そんな都合の良くて魔法みたいな効果があるならみんなお花をプレゼントしています。

 

【彼女に花束を贈るメリット⑥】愛情をダイレクトに表現できる

 

  • 誕生日
  • 結婚記念日
  • プロポーズ
  • 何もない日にサプライズ

年に一度の記念の日くらい、生きたお花でお祝いすることをおすすめします。

 

【男性の大きな勘違い①】「花なんて嬉しくない!いらない!役に立たない!」は「女性の理想のタイプ」くらい当てにならない!!

 

 

 

 

 

 

花束を購入する前に読んでおくべきリスト!

 

 

 

花束に対する女性のすべての不満まとめ・対策

 

実際に花束を彼女・奥さんにプレゼントした男性の体験談

 

知っておくべき花言葉はこれだけ!

 

彼女に花束を贈るまでの5ステップ!

 

お花を選ぶ前に1つだけ、伝えたい事があります。

それは、失敗を恐れずにあなた自身でお花を選ぼう!という事です。

 

僕には、大嫌いなセリフがあります。

「お花屋さんにおまかせで!」「花屋さんのセンスに任せる!」という言葉です。

心当たり、ないですか?

 

あなたの彼女の名前すら知らない、全くの赤の他人に『任せる』のって、あまりにもいい加減すぎません?

もちろん、プロの方に意見を求めることは大切なことですし、お花屋に行けば、僕もアドバイスをもらいます。

ただ、全てを委ねるのはいかがなものかと思います。

 

  • おまかせで店員さんが選んでくれたお花
  • あなたが不器用ながらも一生懸命、彼女のことを考えてイメージして作ってもらったお花

 

あなたなら貰って嬉しいのはどちらですが?

 

プロに選んで貰った方が良いものって確かに世の中に多いですが、プレゼントである、お花は違いませんか??

本気で彼女に喜んでもらいたいと考えているなら、あなたがお花を選びましょう。

 

用途を決める

相場を知り、予算を決める

渡すタイミング・場所を決める

プレゼントギフトの形
-色
-ギフトの種類
-イメージ
-入れたい(入れたくない)お花の種類を決める

 

 

【ステップ①】渡すタイミング・場所を決める!

 

  • 花束を贈るタイミング
  • 場所

 

場所:すぐに水につけられる場所・家

ここ

 

【ステップ①】相場を知り、予算を決める!

 

 

 

ちなみに僕が初めて彼女へ花束を買ったとき、予算は10,000円にしておきました。

 

【ステップ①】お花の種類・イメージ・色・ギフトの種類を決める!

 

  • お花の種類 ( バラ or ガーベラ or カーネーション or 胡蝶蘭?)
  • イメージ (かわいい・明るい・綺麗・ゴージャス)
  • ギフトの種類 (花束にするか?ブーケか?一輪?造花?)
  • 色 (赤・ピンク・黄色・青・白)

 

僕が実際に花束を購入、手にとってみた事で分かったんですが、意外とお花って一本一本が細っそりとしています。

贈るときはラッピングで上手に隠せていたものが、花瓶にお花を挿す時に丸裸になります。

 

僕が彼女にお花を贈ったときの話をしますが、

ここにテキストを入力

 

“悩み”から自分にピッタリのお花を探す

フラワーショップにおける良いお店のポイントとは?

 

【良い花屋のポイント①】お花の品質が高い!

 

 

【良い花屋のポイント②】梱包・ラッピングが丁寧で綺麗!

 

 

【良い花屋のポイント③】お花の宅配・配送経験が豊富かつ、実績が高い!

 

 

【良い花屋のポイント④】口コミ・評判が良く、リピーターが多い!

 

 

【良い花屋のポイント⑤】発送後もきちんとしたアフターケア対応がある!

 

 

 

厳選おすすめのフラワーショップランキングを紹介!

 

1位 AOYAMA HANAMO (青山花茂)
ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

2位 Hito Hana (ひとはな)
ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

 

 

ランキングの解説・続きを見る →

 

このランキング表ですが、目的なシーンを無視、あくまで総合評価でランキングを作りました。もちろん、人(目的・シーン)によっておすすめするフラワーショップは変わってきてしまいます。

そこで、おすすめのフワラーショップの解説という記事にてシーンや目的別でおすすめのお花やさんを紹介しているので、確認してみて下さい。

 

 

 

Amazon・Rakutenで花束を購入するなら??

 

実は、僕たちの生活にすっかり馴染んでいる、あのAmazonやRakutenといった大手のECショッピングサイトでも花束を購入する事が出来るんです。

もちろん、専門店のクオリティーには当然劣りがちですが、カタログが豊富です。さらっと渡すプレゼント程度ならこちらもAmazon・楽天での購入もありですよ!

 

当サイトでは、全面的に生きたお花である”生花”(花束・ブーケ・一輪)を推奨していますが、人によっては

枯れてしまうのがちょっと…。

と気になる方もいるでしょう。そんな男性は、造花を選びましょう!

 

「枯れないから!」とこだわらず、適当に選びがちですが、きちんとした専門店、”プリザーブドフラワー専門ショップ“で選ぶのが失敗をグッと抑えるポイントになってきます。

 

彼女・奥さんにおすすめしたい花束を紹介!

 

赤色の花束

 

ピンク色の花束

 

 

サプライズにピッタリな花束・ブーケ

 

 

プレゼントする花束に入れておきたいおすすめのお花ランキング

 

 

 

 

女性の喜び=ギフト×アフターケア・フォロー×関係の親密性

 

 

 

『ギフト』が指すものとは??つまり…

  • 誕生日プレゼント
  • お花
  • 渡す場所・タイミング

 

 

『アフターケア・フォロー』が指すものとは??つまり…

  • 手紙・メッセージカード
  • 花瓶
  • 毎日水換えをあなたが必ずする
  • 贈ったお花で手作りドライフラワーを作ってみる

 

 

『関係の親密性』が指すものとは??つまり…

  • 仲が良く、ラブラブである
  • ケンカをしていない
  • コミュニケーションが日頃からきちんと取れている

 

 

管理人プロフィール