未分類

デメリットだらけ?3000円以下の安い花束を彼女に贈るのがNGな理由!

 

悩み*
彼女に花束を贈りたいけど、
花束って値段の目安がイマイチ分からないなぁ。
どうせ枯れるんだし、なるべく安いものが良いな。
でも、あまりにも安いとガッカリされそうだし…。
そこそこ喜んでもらえらばいいか…!でも、
失敗をしない最低価格・彼女に贈る花束の相場目安って一体いくらだろう?
安い花束を買うとどうなるんだろう?


本記事では、こういった悩みに少しでも力添え、お答えしたいと思います。

これまで花束を選ぶ男性を見てきて分かったんですが、花束の予算を大体2000〜4000円以内で抑えようとする男性は他と比べて特に、花束・ブーケの買い物で失敗する確率が高かった傾向がありました。

心当たりがある人は特に目を凝らして、記事をじっくり読みましょう!

記事の内容

・彼女に贈る花束の金額の目安はいくら?
・安い花束を選んでしまうと生じる5つのデメリット

 

【結論】彼女に贈る花束なら、4000円〜が目安!

結論から先に言いますが、彼女・パートナーの方に花束を喜んでもらいたいのなら、予算は4000円〜を目安にすると良いです。

私の経験からして、4000円を最低ラインのボーダーにすることでハズレを引く確率がかなり、低くなります。

4,000円、もしくは5,000円以上のクラスの花束になれば、見栄え・ボリューム共にグッと良くなるので同じ花束といえどもステージが全然違ってきます。

 

彼女の花束で失敗がイヤなら最低でも4,000円以上!

理由もなしにこんなことを言われても納得のいかない男性が多いと思います。

なので以下では、安い花束を選ぶと生じる5つデメリットを私なりにまとめましたので紹介します。

なぜ4000円を目安とするのか?
安い花束を買うと具体的にどうなるの?一体どんなデメリットが生じてしまうの?

 

安い花束を選ぶと生じる5つのデメリット

 

1. お花の種類が限定されてしまう

きちんと理解されていないことが多いので説明しますが、
花束の値段は大きさはもちろん、使うお花の種類によっても金額が変わってきます。

なので予算が2000円や3000円程度で

・バラ
・ガーベラ
・ダリア
・カーネーション
・ユリ
・草花
・カスミソウ

 

 

2. お花が小さい

予算が3,000円以内ですと、お花の大きさが凄く小さいです。

 

3. 蕾が小さい

 

 

4. 花束なのにボリュームがない

これは贈る相手を問わず、そもそも花束やブーケを選ぶとき全てに共通して言えることなんですが予算が2,000円〜3,000円程度だと、ボリュームが出なく、かなり貧相になります。

だいたいお花一本あたりの単価が安いもので200円〜300円、高いもので500円程になります。予算内で安いものを揃えたとしても、数は10本程度になります。

これで、4000円以下で花束を用意することの難しさがイメージが出来た人も多いのではないでしょうか?

意外と知らない人が多いですが、お花10本って想像よりもかなり細っそりとしています。

ラッピングを上手にしても物足りなさがある場合が多く、日頃の感謝だとか愛情を伝えるのにはとてもじゃないですが、厳しく、無理があります。

髪が抜けきった70歳のヨボヨボのおじいちゃんが美容院でパーマをお願いするくらい「困難」というイメージだと思って下さい。

きっと優しいお花屋さんでは、寿命の短いお花をソッと内緒で入れてくれたり、割引してくれることもあるかと思います。緊急措置としては良いかもしれませんが、大切な人に贈るのならオススメできません。

これが、花束を買うときは4000円以上を目安にすべき、大きな理由の一つです。

 

5. 花瓶に挿した時に物足りなさがある


一つ質問をします。

花束を花瓶に挿すところまでイメージ出来ていますか?

 

お花を選ぶ男性は素敵ですが、アフターフォローを考えられる男性はもっと、素敵です。
花束を贈る場合は、女性が受け取った後のことまでイメージするよう心がけましょう!

ブーケや花束のボリュームをラッピングで隠したとしても、それを剥がすとガッカリされる場合が多いことをご存知でしょうか??

お花を受け取った女性は実は、お家でガッカリしたり、冷静さを取り戻したりすることがかなり多いんです。

・ラッピングを取った後にちょっとガッカリした…。
・○○ちゃんはもっと大きい花束彼氏からもらってたなぁ…。
・お花もらったの初めてだからどうしよう。
・花瓶がないから買いに行かなきゃ!
・友達の○○ちゃんはもっと大きい花束彼氏からもらってたなぁ。
彼女の喜び=「ギフト」×「アフターケア」×「関係の親密性」だよ!

予算が足りない人はどうすれば良い??

他の種類のフラワーギフトから選ぶ!

数あるフラワーギフトの中でも特に花束はお金がかかる高いものです。
安いものでは2000円程度、高いものだと10万円近くするものまであり値段はピンキリです。

予算があまりないのであれば、他のフラワーギフトを探すのも1つです。

・花束
・一輪の花
・プリザーブドフラワー
・ドライフラワー
・ハーバリウム

 

最近では、“ハーバリウム”と呼ばれる、オイルの入った瓶の中にドライフラワーやプリザーブドフラワーを詰めて観賞するフラワーギフトの一種が人気で、それを好む女性がとても多いです。

ちょっとしたギフト・贈り物としてかなり喜ばれるはずです。
生花と違って、手間がかからない上に、気軽にインテリアとして楽しむことが出来るのが大きな魅力ですね!

アートフラワーの魅力
・水やりの必要がない

・虫が寄ってこない
・花瓶を買わなくて良い

普段忙しい人であれば、生きたお花を貰うよりも手間いらずのフラワーギフトの方が嬉しいはずです。

 

まとめ

 

おさらい

最低予算は¥4,000!

以上がまとめとなります。

何度も繰り返すことを言ってしまいますが、予算は最低でも4000円にしましょう!

それ以下でも花束を用意することは可能ですが、良いもの・悪いものを最低限、ふるいにかけるには十分ではないです。

受け取る相手が喜んでもらうことが何よりですが、花束を贈る側、あなたも気持ち良くあるべきだと思います。

最後になりますが、花束を選ぶ際は自分も相手も納得する、お互いが気持ちが良くなる為にも、予算を確保した上で選びましょう!